超ゆとり営業女子の日記。

#営業車で昼寝なう

練習嫌いと説明会

練習嫌いも努力嫌いも、解決策は「自己受容」っぽーい。|「わたし」を愛し信頼して、より幸せを感じながら生きる ~ まほのまほう ~

 

f:id:remerberit:20170924134357p:image

 

営業職なのに人前で話せない。月曜は医者の前で説明会。(とは言っても、ほぼ弁当屋)

内容はよくても、「分かりづらい、飽きる、えー、とかあー、が多い」とか上司に怒られる。

 

もー練習したくないよ。どうして休日なのに仕事の練習しなくちゃいけないの。もう、プレゼンの練習やりたくない。こんなことしてないで、遊びたい、映画みたい。なにもかも意味不明だ、って日曜の朝なのに悶々としてる。いつからか正しい努力ができなくなってきた…努力家とか言われてた頃が懐かしい…

 

 

 

タラレバ女でいいじゃん

f:id:remerberit:20170924013940j:image

よくないよくない。30歳前には結婚したい。よっぽどまずい顔とか、チビとかアトピーとか、無職とか、マザコンじゃない限り、自分のいいと思うとこで(妥協点とゆうやつ)で、腹くくって結婚!

 

一般人で、理想高くていいことひとつもないからね。身の丈を知らないと、痛い目に合うよ。自分のこと好きっていってくれる人のためなら、一生懸命になれると思う。

最近食べたものの羅列と最近。

f:id:remerberit:20170924002059j:image

f:id:remerberit:20170924002033j:image

f:id:remerberit:20170924002136j:image

f:id:remerberit:20170924002151j:image

 

自炊の継続できなさ、不甲斐ない。女子はなんでこんな苦労しなきゃいけないの。外食は楽チンだ。昨日、今日彼と過ごした。ランチのときにも携帯の画面開いて、何かを眺めて。私は空気なのかな、いる意味あるのかな、話聞いてるのかな。つまらなそうなあなたの表情をみると、「ああ、私は性行為をするためだけの、ラブドールなのかな」と考えてしまう。

 

男の人の言う「愛してる、大好き」はもう信じられない。生きる?ってなんだろう。「私と結婚してください」なんて圧力だし、逃げちゃうだろうな。こんな切羽詰まったかんじ嫌だな。いつか、安心できたらいいのに。私はなんでだろう、いつも性懲りも無く信じてばかみたい。

お前の彼女がJ●Lのグランドスタッフじゃなくて悪かったな!

自分の兄弟に、彼女ができて、それがJALのグランドスタッフ。綺麗?ブランド力?お前の彼女は、ただの会社の営業女だよ?不満かよ?毎日毎日ヨレたスーツとヒールが削れた靴を履いて、でも歯を食いしばって生きてんだよ。いちいち不愉快だ。

 

言葉の奥に何を思うか、全部分かるからぜーんぶイライラする。湧き出るイライラが止まらない。嫌いとかじゃなくて、デリカシーのない言葉行動ぜーんぶ気に入らない。慈しんでもらえない不満は自分から生まれる。

 

本当はきっと自分のせい。自分の彼女がかわいくない、仕事で毎晩遅い、なんか太い、うるさいよ、もうみんなみんな好き勝手いう。そのうち元カノは素晴らしかったと、過去のオンナを振り返って、あのオンナは良かったとか屈辱的なことを言われて。いつな振られるのかしら。もう、幸せなんか、覚えなきゃよかった。幸せの味を知ったらそれ以外は事故か、修羅か。

 

どうして、いつもこうなんだ。居なくなりたい。信じることがいつもできない。ほんとは別に大事な人がいるって疑って。私は、私は、いったい何になりたいのか、どこに向かうのか。

 

疲れた時に

Mitsuko Uchida - Bach French Suite - Sarabande - YouTube

 

明日

明日

 

Moon River

Moon River


疲れた時に聴きたい音楽。究極に疲れた時はもうウルサイ歌詞とかリズム音は聞きたくない。ので、ピアノ曲やしっとりした音楽を聴く。1番上は因縁のある曲だけど、内田光子さんのサラバンドは、音が一個一個繭に包まれたような優しいかんじが好きだ。最近よく眠れなくて、起きた時に、またあさが来たと「がっかり」してしまう。寝具が悪いのか、習慣のせいか。

 

 

常に恋愛に自信がない件

f:id:remerberit:20170903003813j:image

私は、彼氏がいても自分に自信が持てない。生理前だか、PMSだからか分からないけど、彼氏と旅行計画立ててたら、全然決めてくれなくて呑気なせいでイライラが募り、もうダメなんじゃないかと変な思考に傾いた。

 

付き合ってすぐに熱海にいった、初夏に軽井沢にいった。なんだかんだ半年付き合ってるけど。本当の本音を話せてない、聞いてもらえてない、もしくは彼氏が本音を話してくれない気がする。「私が出会った時より、かわいくないor美しくないから、仕事で疲弊してイライラしてるから、会社の女の子のがキャッキャしてるから…??」などといらない妄想が蔓延る。どうして自分はこんな何だろうって悩んでしまう。

 

去年入社してから同期間での人間関係に悩まされてずっと苦しかった。毎日、研修施設に閉じ込められて、楽しくもないことで笑って、苦しくて苦しくて、反動でアル中みたいにお酒を浴びていた。それに比べたら今はどれだけ恵まれてるだろう。毎週楽しみがあるか、ないか、土日は誰かに会える、好きなものを食べれる、そんなんでいいじゃない。

 

信じるって1番難しい。今は凍結して心を開けない。本音とか本当の私は見せたくない、見せたら相手がどんな顔をするのか、怖くて、今にも逃げ出したくなる。

麻布十番まつり

麻布十番の水商売の女、ナンパする男。きらびやかな世界、派手な世界は、わたしの人生とは無縁。商品力のないくだらないものを医者と看護師に売りつける。あ〜〜自分の仕事って何なんだろ、何のために働いてるんだろ。毎日クルマで考えること。苦しくて、やるせなくなる。自分の能力に対する不満と、外向きへの不満。不満まみれだな、みっともないな。ぜんぶ自分が変わればいい話なのに。何も感じない、他人のことは他人と感じれるようになれたら、どんなに楽だろう。わたしのとめどない欲、垂れ流しの欲が毎日わたしを否定する。彼氏もいて、衣食住何一つ苦労ないのに、どうしても他人と比べて、会社の人にちょっと怒られたくらいでイライラする。そんな自分が大嫌い。