都内OLのゆるい日記。

友達なし、彼氏なし、パサパサ毎日。

カレーランチ

産休から帰還した勝ち犬の先輩とランチをした。別の女の先輩に、昔飲み会で「細く長く働きたい」って言ったら、「そんなんダメだ」って言われた。なんで、そう思うのかを、カレーを食べながら話した。勝ち犬先輩は、すごく話しやすい先輩だ。わたしは、自分のキャパやポテンシャルを悟ったからと答えた。

 

そもそも医療への思いより、「明日生きるためにお金を稼ぐ手段」としか仕事を見ることができない。キャリア以前の問題。

 

勝ち犬先輩もほんとか分からないけど流れ着いてこの会社に決めたとか言っていた。医療に特段のこだわりはないそうだ。

 

給料は安いし仕事はきついけれど死にものぐるいで働いて、何も得られる感じがしない。プライベートでキャリア至上主義の先輩に会った時に、ユニクロのウルトラライトダウンをきていて、「それプライベートでも着ちゃうのか」と思った。

 

至上主義先輩は、仕事着や靴に気合がはいっていて、いつも高そうなハイヒールを履いている。スーツもちょっとかわいいやつ。先輩のA面の生活は仕事だけど、わたしのA面はプライベートをむいていて、稼いできたお金は私服とかもしくは別のことにつかう。価値観の違いってこうゆうことだし、至上主義先輩のキャリア感を無理に押し付けられるのが、嫌だった。

 

勝ち犬先輩は一歩ひいてみて、はなしを聞いてくれているようだった。仕事辞めたいと口走りそうになったけど、我慢した。