都内OLのゆるい日記。

友達なし、彼氏なし、パサパサ毎日。

立ち直り方

一緒にいたのはたったの1年未満なのに、「裏切られた」「喪失感」「ふとした時に思い出す景色、言葉」静かな部屋でじっとしていると、もうこころが裂けそうになる。昼間は母が来てわたしの部屋でずっと話してくれた。それだけで気が紛れた。この人と結婚したい、一緒にいたい、優しいな、とかずっと信じていたのに。どうして噛み合わなくなってしまったんだろう。

 

ふと湧いてくる疑問。わたしは、蝶々夫人だったのか。転勤族の慰み彼女、いや風俗もどきだったのかな。きっとそうだったんだろうな。「彼女」だと思い込んでいた9か月は、いったい何だったんだろ。虚しくて、なんだか死にたい。地方出身の政府系銀行員で、見た目とか性格も真面目で、しっかりした年上の彼氏。ディズニーも、何回か行った温泉旅行、ライブ、全部ほんとに楽しかった。けどその思い出は何だったのかな、お金も時間も返してほしい。傷ついてバラバラになって、何のために生きたのかわからなくなった。誕生日プレゼントもくれない彼氏なんか、信じなきゃよかった。嫌いな気持ち、憎しみ、いろんな、負の感情がこころに住み着く。あんなやつ、どっかでのたれ死んでほしいな。

 

わたしは、はやくあの人のこと、過ごした時間も忘れて、自分らしく、もっと、強くなりたい。