都内OLのゆるい日記。

書くこと考えること頭のなか。

2017年の振り返り

日銀の彼との思い出が強すぎて心の底で辛い気持ちもあるけど、好きな人ができたらその痛みも少しだけ和らいだ。営業がつらくて、朝6:30に家を出て顔もしらない代理店のおじさんたちに訳もわからずペコペコしたり、日の出町とか檜原村とかいう東京ではないような田舎担当させられたり。なんじゃこれの連続でした。

 

でもこの年の最後は幸せって思えてよかった。営業車のなかで泣きじゃくったり、仕事が辛すぎて、鬱になってホットライン電話したり、海外国内沢山旅行したり、同じ量だけ悲しみも楽しみも味わい切った。

 

2018は、いま目の前の人たちを大事に、謙虚に、自分の道を歩けますように。いつも新年の思いをわすれてしまう。とりあえずしっかりと人生を踏みしめたいな。